あったかい物も冷たい物もアルミの食品容器に限る

ホットもアイスも対応できるアルミの食品容器

スグレモノ

食品容器の中でもガラス瓶の取り扱い数に自信あり!様々な商品がありますから、使いたいイメージなどに合わせて必要な商品を選びませんか?

アルミはリサイクルにはもってこいの材質です。
紙と違い、アルミでできた食品容器は一度使ったらそれまでと思っている人もいるかもしれません。ですが、同じ性質のものだけ集めたら、何度でもまた生まれ変わることができるのです。なので、アルミの良さをもう一度見直すべきだと感じています。

アルミを一言で言うなら、「使ってないようでいて、気付いたらいつもお世話になっている存在」とでも言いましょうか。ホイルだけでなく、私達は気付いたらこの材質の食品容器にお世話になっているのです。では具体例をあげてみましょう。

場面は冬の日。寒い日の朝は、あったかい汁物が恋しくなりますよね?そこで冬に頻繁に登場するのが『鍋焼きうどん』です。鍋焼きうどんは、そのままガスコンロにかけてもいいですし、IH対応のものならIH機器を使って室内で調理することもできますから、寒い体を温めてくれるんです。
また、冷凍のグラタンなんかにもよくこの食品容器が使われています。そのままオーブンに入れて焼いてもいいし、食べる時の器としても使えるからとっても便利な材質なんです。

食品容器に使わられる材質にアルミが選ばれるのは、まずは熱を伝えやすいことです。温まりやすいのもそうですが、冷たいジュースの缶にも使われていますよね。また、軽さの割に丈夫なので、食品容器としてはぴったりの素材なんです。自然すぎて気付かないけど、実は大変スグレモノだと言えるでしょう。

Les commentaires sont fermés.